あなたは宝くじに当たらないと早期退職できないのですか

宝くじ セミリタイアの日々
スポンサーリンク

こんにちは、ナオキです。

このエントリー書いている2019年4月30日は平成最後の日です。

なので、平成の会社員生活の思い出話をしてみます。

あれは、私の上司(課長)が30代で退職した日でした。

スポンサーリンク

宝くじが退職の切符?

上司の同僚であるA課長が私のデスクへやってきて、私にこう尋ねました。

「君の課長、なぜ退職したの?」

私は「他社にヘッドハンティングされたからです」と答えました。

すると、A課長はこう叫びました。

「てっきり、宝くじに当たったから会社を辞めたと思ってた!」

「あんたは宝くじに当たらない限り退職しないのか!」と私は心の中でつっこんでいました。

早期退職するなら宝くじよりコツコツ貯金

私の上司は宝くじに当たったから退職したわけではなく、優秀だったからヘッドハンティングされて他社の役員に転職したのでした。

もし宝くじで数億円当たれば、すぐに早期退職すべきでしょうか?

宝くじに当たっても末路は悲惨だとよくききます。

宝くじで1億円以上当たった人の末路
2015年暮れも盛り上がった年末ジャンボ宝くじ。だが「宝くじで1億円以上当ててしまうとろくなことにならない」と公言する専門家がいる。一体どういうことなのか。話を聞いてきた。

やはり、早期退職するなら宝くじをアテにせず、コツコツと貯金してリタイア資金をつくっていきたいですね。

コメント