完全アーリーリタイアするには6,000万円が必要な理由

chart 貯蓄
スポンサーリンク

こんにちは、ナオキです。

退職後は働かない労働収入ゼロの「完全アーリーリタイア」を実現するのに必要な貯蓄を考えてみました。

私は6,000万円必要と見積もりました。

根拠を説明しますね。

シンプルな根拠です。

スポンサーリンク

労働ゼロ生活

家族構成は「おひとりさま」とします。

必要な生活費は月額15万円とします。

私がアーリーリタイアするとき「月15万円使える生活ならいいかな」と思ったからです(笑)

年間だと生活費は180万円です。

労働収入はゼロなので、生活費のすべてを株や投資信託の「運用益」でまかないます。

運用利回りは年3%とします。

必要な貯蓄は、

180 万円 ÷ 3 % = 6,000 万円

です。

税金を考慮すると

実際には運用益から20.315%の税が差し引かれます。

株式投資にかかる税金って?
これから資産運用を始めたい方へ!投資の仕組みや金融商品の選び方、リスクの減らし方など、初心者が知るべきことをわかりやすくご説明しています。“お金を活かすための知識”を正しく身につけられるよう、一緒に学んでいきましょう。

もし、一切の節税をしないとすると、必要な収入は226万円です。

運用益226万円なら手取りは、226 万円 × (1- 0.20315) = 180 万円、となります。

もし、利回りが年3%だと、必要な貯蓄は、

226 万円 ÷ 3 % = 7,533 万円

に跳ね上がります。

貯蓄6,000万円で年226万円の運用益をゲットするには年利回りが、

226 ÷ 6,000 = 3.77 %

必要です。

税は資産運用の大敵ですね(笑)

▼クリックしていただけると更新の励みになります▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
貯蓄
スポンサーリンク
シェアする
ナオキをフォローする
スポンサーリンク
50代おひとりさまのアーリーリタイア生活

コメント