国に怒るだけで老後資金2,000万円をもらえるならいくらでも怒りますが

ikari 年金
スポンサーリンク

こんにちは、ナオキです。

先日、金融庁が発表した「老後資金2,000万円を自分で用意しろ」という報告書に怒っている人が多いようですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00010015-jisin-pol

やっぱりというか……。

2,000万円という高額な数字に反応して「こんな大金用意できるか!」という怒りなのだと思います。

まさか、自分の老後資金のシミュレーションをまったくやっていないのに国の自助努力推奨に怒っている、なんてことはないと思いますが。

スポンサーリンク

怒りと投資は正反対の行動

将来に備えてコツコツ投資している者からすると、「国に怒るだけではお金は増えませんよ」と言いたいですね。

怒るだけで老後の不足分2,000万円が空から降ってくるならいくらでも怒りますが。

言いたいのは「お金を増やすために、もっと合理的な行動をしましょうよ」ということです。

安易な投資は禁物

だからといって、国に将来不安を煽られたからといって、投資未経験者がいきなり株式投資をするのはおすすめできません。

株式投資するなら、まずは勉強して、リスクを理解した上で、生活費に支障のない範囲で少しずつやるべきです。

もし「株式投資 = 悪」という思想を持っているなら、株はやらないでしょうから、節約するかバイトするなりして、不足分を消したらいいと思います。

もし「老後の生活費は100%国が保証すべき」という思想を持っているなら、怒り続けるしかありません。

▼クリックしていただけると更新の励みになります▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
年金資産運用
スポンサーリンク
シェアする
ナオキをフォローする
スポンサーリンク
50代おひとりさまのアーリーリタイア生活

コメント

  1. deds より:

    100%はやったらダメだが、最低限の保障はした方が良いように思う。
    つまり年金タイプではなくて税金で最低限の保障でいいと思う。
    でないと老後が心配で金を使わなくなり経済はますます冷え込むだけだと思う。