【人生100年】資産運用をする人は自発的にするしやらない人はやらない方がいい

business セミリタイアの日々
スポンサーリンク

こんにちは、ナオキです。

人生100年時代に向けて、国が年金制度の限界を認めて自分で資産運用をやれ、みたいな指針を出したそうですね。

ドラマmixプラス
記事がありません

指針の内容は上記の記事を読んでほしいのですが、すでに株式投資などで資産運用をしている人にとっては「当たり前」のことが書いてあります。

将来的には平均寿命がのびて人生100年が珍しくなくなるでしょう。

かといって「年金で不足な分は自助努力で投資して稼いでね」と広く国民に求めるのはかえって逆効果だと思うのです。

スポンサーリンク

老後資金運用で損する人が続出?

日本では「株式投資などの資産運用で老後資金を作る」という慣習がまだまだ根付いてないと思います。

ほとんどの人は年金に完全依存か、不足分は退職金や貯金を取り崩していると思います。

つまり、株式投資に慣れている人がほとんどいません。

投資未経験者に、国が将来不安を煽って株式投資を推奨しても、損する人が続出するだけではないでしょうか?

年金と貯金の範囲内で生活して、小遣い稼ぎで軽いバイトでもする程度にしておいた方がかえって豊かで平穏な老後を送れると思います。

資産運用は自発的にやる

やはり、リスクを伴う資産運用は、国からやれと言われてやるのではなく、自発的に自分で勉強しながら楽しくやるほうがいいです。

国からやれといわれてやって、もし損を出したら、損を国のせいにするでしょう。

それでは資産運用は面白くありません。

自発的に初めて、生活の支障のない範囲でリスクをとって、損しても受け入れられるような人だけがやるべきだと思います。

老後資金のために資産運用したい人はすればいいし、やりたくない人はやらない方がいいです。

コメント