人生100年時代だからこそアーリーリタイアが合理的な戦略です

100 year life セミリタイアの日々
スポンサーリンク

こんにちは、ナオキです。

最近は「人生100年」とよく言われますよね。

平均寿命が延びて100歳まで生きるのが珍しくなくなる。

だから、「定年後も死ぬまで働け」というのが世間の風潮です。

私は逆で、「人生100年時代だからこそアーリーリタイアすべし」と思うのです。

スポンサーリンク

50年も働けますか?

死ぬまで働くのは大げさとしても、70歳くらいまで働くのが普通の世の中になりそうです。

20代前半で就職して70歳まで働いたら、約50年のサラリーマン生活になります。

50年もサラリーマンができるでしょうか?

想像するだけで息苦しいですね。

アーリーリタイアを前提とする人生

50年も働くのは苦しい。

だとすると、就職する前からアーリーリタイアを前提とした人生設計をすればいいのではないでしょうか。

例えば、40歳で退職することを目標とする。

そのために、貯金をしっかりとする。

40歳で目標の貯金額に達すれば、退職してアーリーリタイア生活に入ります。

退職後も働きたければ働けばいい。

働くのがイヤなら貯金を取り崩しながらのんびりすればいい。

某レスラーの「元気があれば何でもできる」ではありませんが「貯金があれば何でもできる」です。

人生100年時代は健康が最重要

就職してからの50年はあまりにも長すぎるので、アーリーリタイアを境として「前半」「後半」に分けるのです。

前半は社畜としてがむしゃらに働き、アーリーリタイア資金を貯め込みます。

後半は、のんびりとマイペースで暮らします。

後半にストレスの少ない生活を送ることで、70歳以降も健康を維持できます。

人生100年時代では健康がいちばんの財産ですから。

コメント